HOME > ニュース > ニュースリリース > ニュースリリース詳細

ラントロニクス、多次元IoTアプリケーションの開発・実装プラットフォームの
ベータ版リリースを発表
― 「マッハ10 (MACH10™) 」は、OEMによるウェブスケールIoTアプリケーションの
デリバリープロセスを劇的に簡素化―

2017年5月23日

カリフォルニア州アーバイン発, May 23, 2017 (GLOBE NEWSWIRE) -- モノのインターネット (IoT) アセットと情報科学 (IT) アセットのためのセキュアデータアクセスおよび管理ソリューションのグローバルプロバイダーであるラント ロニクス・インク (Lantronix, Inc.) (NASDAQ:LTRX) は本日、OEMによるウェブスケールIoTアプリケーションのデリバリープロセスを劇的に簡素化させる多次元IoTアプリケーション開発・実装プラットフォーム、マッハ10(MACH10™) のベータ版リリースを発表した。

ラントロニクスの社長兼CEO、ジェフ・ベンク (Jeff Benck) は次のように述べている。「3月期に早期アクセス顧客に対するマッハ10のプレビューとデモが成功したことに続き、マッハ10ベータ版を発表できることを嬉しく思っていま す。マッハ10の本年中の一般リリースに向けて取り組みながら、企業がモノのインターネットのメリットを活用できるように展開しやすいソリューションをお届けするというラントロニクスのミッションの達成に向けて取り組む中で、この ベータ版リリースは重要なマイルストーンになっています。」

業界基準のプロトコールに基づいて構築されたAPIを活用するマッハ10では、直ちに実装可能な拡張可能な使用準備済みの管理アプリケーションと、OEMがIoTアプリケーション開発を活性化させるために不可欠なマイクロサービ ス・スイートを備えている。同製品を利用すると、OEMは既存のIoTソフトウェア投資を無駄にせずに、IoTアプリケーションの開発にかかる時間を大幅に短縮することができる。

関心のあるOEMは、www.lantronix.com/mach10 を参照、またはラントロニクスの営業オフィスに連絡して、マッハ10についての詳細情報を入手したり、デモを要請したり、ベータ版リリースへのアクセスの申込みをすることができる。

Lantronixについて
ラントロニクス・インク (Lantronix, Inc.) は、モノのインターネット (IoT) アセットと情報科学 (IT) アセットのためのセキュアデータアクセスと管理ソリューションのグローバルプロバイダーである。同社のミッションは、IoTプロジェクトの準備、導入、管理を劇的に簡素化し、同時にアプリケーションや人材用のセキュアデータアクセスを提供するIoTゲートウェイのリーディングサプライヤーとなることである。

高信頼性マシン・ツー・マシン (M2M) テクノロジーの作成で20年以上にわたる経験を持つラントロニクスは、顧客が新しいビジネスモデルを形成し、モノのインターネットの可能性を引き出せるようにするイノベーション企業である。
同社のコネクティビティ・ソリューションは、データセンター、医療、セキュリティ、産業、輸送、リテール、金融、環境や政府などの多様な業界で、数百万台ものコンピュータで活用されている。

Lantronixはカリフォルニア州アーバインに本社を構え、欧州、中国、日本、インドに事務所を有している。
詳しくはwww.lantronix.com を参照のこと。

Lantronixのブログwww.lantronix.com/blog には、業界関係のディスカッションや最新情報が掲載されている。
Lantronixのツイッターアカウント:www.twitter.com/Lantronix
YouTubeのビデオライブラリー: www.youtube.com/user/LantronixInc
LinkedInでコネクト:www.linkedin.com/company/lantronix

© 2017 Lantronix, Inc. 著作権所有。Lantronixは、Lantronix, Inc.の登録商標である。MACH10はLantronix Inc.の商標である。