HOME > ニュース > ニュースリリース > ニュースリリース詳細

スマートフォン、タブレット端末とのM2M Wi-Fi接続を実現!
ソフトAP機能搭載 組込み用極小Wi-Fiデバイスサーバー
《xPico® Wi-Fi®》の国内販売を開始
―― サイズはわずか24×16.5mm

2013年9月2日

米国ラントロニクス社(Lantronix, Inc. カリフォルニア州;NASDAQ LTRX)の日本法人 日本ラントロニクス株式会社(東京都港区)は、M2M市場に適した、サイズわずか24×16.5mmという世界最小クラスの極小チップサイズの組込み用Wi-Fiデバイスサーバー《xPico® Wi-Fi®》の販売を開始しました。

組込み用Wi-Fiデバイスサーバー《xPico® Wi-Fi®》は、世界最小クラスのチップサイズでありながら、ネットワーク化に必要なソフトウェアが搭載済みです。このため、最小限の開発コストで、より簡単に、短時間で、ネットワーク対応製品を開発することが可能。小さなバッテリー駆動の機器から、大きな産業用機器まで、セキュアな「Machine to Wi-Fi」接続を容易に実現します。

《xPico® Wi-Fi®》は、ソフトAP(アクセスポイント)機能を搭載しており、APモードとClient(クライアント)モードの同時使用が可能。既存のWi-Fiネットワークへのクライアント接続を維持しながら、直接アクセスのために自身でセキュアなWi-Fiネットワークを確立することができます。この機能を使用すれば、スマートフォンやタブレット端末を介して、機器への直接アクセスが可能になります。

【特 長】

  • 機器への組込み・使用が簡単:ソフトウェアの開発やコードの書込みが不要
  • 極小チップサイズのフットプリント:24mm×16.5mm
  • モバイル環境に適した設計:スマートフォン、タブレット端末、接続したPCを介して、デバイスのデータに直接アクセス可能
  • ソフトAP機能搭載:APモードとClientモードの同時使用可能
  • デバイスサーバーアプリケーション完備:フルIPスタックおよびWebサーバー
  • 256-bit AES暗号技術
  • 工業標準の動作温度範囲:−40℃〜+85℃
  • バッテリー充電デバイスに最適な低電力プロファイル
  • シリアル、SPI、USB、ADC、GPIO対応
  • 有線対応モデルのxPicoとピン互換
  • 5年製品保証

【市 場】
《xPico® Wi-Fi®》は、極小チップサイズのため、小さな装置への組込みも可能です。データ処理やデータ通信、例えば医療機器、電力計、自動販売機、セキュリティ関連、FA機器、ロボット、工場・ビルオートメーション、計測機器など、さまざまな分野に最適です。
《xPico® Wi-Fi®》を用いることにより、開発時間の大幅短縮とコストの低減を実現します。

※ xPicoはLantronix, Inc.の登録商標です。Wi-FiはWi-Fi Alliance の登録商標です。

ラントロニクス社(Lantronix, Inc. / Kurt Busch CEO)
米国カルフォルニア州アーバイン市に本社を持つNASDAQ(LTRX)上場企業。
設立は1989年。長年培ってきたLAN、TCP/IP等のネットワーク技術をベースにしたネットワーク機器を市場に出荷している。
特にIT市場へのコンソールサーバー、KVM、工業製品市場へのデバイスサーバーでは多くの実績を上げ今までに300万台を超える機器を市場に出荷している。
現在米国をはじめ欧州、アジア、日本に現地拠点を持ち世界市場への展開を行っている。
URL>>> http://www.lantronix.com/

日本ラントロニクス株式会社
米国ラントロニクス社の日本法人として2003年2月に設立され、日本市場の開拓を行っている。
東京都港区に事務所を構える。
URL>>> http://www.lantronix.jp/

>>> xPico Wi-Fi 製品情報