HOME > ニュース > ニュースリリース > ニュースリリース詳細

コンパクトなケーブルタイプ登場!
簡単な設定でEthernet接続を実現する
外付けデバイスサーバー《xDirect™》 の販売を開始

2012年11月9日

米国ラントロニクス社(Lantronix, Inc. カリフォルニア州;NASDAQ LTRX)の日本法人 日本ラントロニクス株式会社(東京都港区)は、コンパクトでスリムな新形状で、シリアルインターフェースを持つ各種デバイスや機器を素早く簡単にEthernet対応できるSerial to Ethernetデバイスサーバー《xDirect™》の販売を開始しました。

《xDirect™》は、シリアル対応のデバイスを簡単にTCP/IP接続することができます。
PoE(Power Over Ethernet)対応のモデルもあり、配線を少なくしたい環境に適しています。また、工業標準の動作温度範囲(-40℃〜+85℃)で、様々な設置環境でもお使い頂けます。
イーサネットポートとシリアルケーブルが統合された《xDirect™》は、コンパクトな形状(長さ:24cm、重量:68g)で、シングルポートDB9F対応のシリアルコネクターとなっています。内蔵のWebサーバーを使用して、PCやスマートフォン、タブレット端末などのWebブラウザ経由で、簡単にアクセスや設定が可能です。

【特 長】

  • システムに組み入れやすい、省スペースの外付けデバイスサーバー
  • 同一形状で3つのモデル (1)RS232対応版、(2)RS232+422+485対応版、(3)PoE対応版
  • 10/100イーサネットポートとシリアルケーブルを統合した形状
  • デバイスサーバーアプリケーション完備 フルIPスタックとWebサーバー搭載
  • 921.6Kbpsまでのボーレートをサポート
  • 128/192/256-bit AES暗号技術
  • 電源の柔軟性(PoE:Power over Ethernet)
  • 工業標準動作温度範囲 (-40℃〜+85℃)
  • 5年間の製品保証

【市 場】
《xDirect™》は、各種システムへの組入れが容易なケーブルタイプです。データ処理やデータ通信を行う様々なアプリケーション、例えば医療、電力量計測、セキュリティ関連、FA、ロボット、ATM、データ表示・デジタルサイネージ、工場・ビルオートメーション、計測など、多種多様な分野でお使い頂くことができます。
《xDirect™》を用いることにより、開発時間の大幅短縮とコストの低減を実現します。

今回ご案内しましたケーブルタイプの外付けデバイスサーバー《xDirect™》は、以下展示会場で実機をご覧いただけます。

  • Embedded Technology 2012
    開催日:11月14日(水)〜16日(金)
    会 場:パシフィコ横浜 小間番号:A-06
    *販売代理店である株式会社日新システムズブース

ラントロニクス社(Lantronix, Inc. / Kurt Busch CEO)
米国カルフォルニア州アーバイン市に本社を持つNASDAQ(LTRX)上場企業。
設立は1989年。長年培ってきたLAN、TCP/IP等のネットワーク技術をベースにしたネットワーク機器を市場に出荷している。
特にIT市場へのコンソールサーバー、KVM、工業製品市場へのデバイスサーバーでは多くの実績を上げ今までに300万台を超える機器を市場に出荷している。
現在米国をはじめ欧州、アジア、日本に現地拠点を持ち世界市場への展開を行っている。
URL>>> http://www.lantronix.com/

日本ラントロニクス株式会社
米国ラントロニクス社の日本法人として2003年2月に設立され、日本市場の開拓を行っている。
東京都港区に事務所を構える。
URL>>> http://www.lantronix.jp/