HOME > ニュース > ニュースリリース > ニュースリリース詳細

サイズはわずか24mm×16.5mm
イーサネット、シリアルなどほとんどのネットワーク機能を搭載した
極小・組込み用デバイスサーバー《xPico™》の国内販売を開始

2012年5月7日

米国ラントロニクス社(Lantronix, Inc. カリフォルニア州;NASDAQ LTRX)の日本法人 日本ラントロニクス株式会社(東京都港区)は、極小チップサイズの組込み用デバイスサーバー《xPico™》の販売を開始しました。
《xPico™》は、親指大の中にネットワーク化に求められるほとんどの要素を搭載し、M2M市場で300万台以上の出荷実績のある組込み用デバイスサーバー”XPort”の機能をほぼそのまま、24mm×16.5mmという極小サイズのモジュールに搭載した画期的な新製品です。

《xPico™》は、世界最小サイズの組込み用デバイスサーバーで、チップサイズでありながら、ネットワーク化に必要なソフトウェアを搭載しているため、ネットワーク対応製品の開発を、より簡単に、より短時間で実現し、開発コストを最小限に抑えることが可能です。

しかも、《xPico™》は、WiFiやPoEの拡張性を持ったハードウェア設計になっており、8GPIOピンまで使用することができます。また、切手よりも小さな24mm×16.5mmという極小チップサイズで、製品設計に高い柔軟性を提供します。

【特 長】

  • 極小チップサイズのフットプリント:24mm × 16.5mm
  • デバイスサーバーアプリケーション完備 フルIPスタックおよびWebサーバー
  • 921Kpbsまでのシリアルデータレート
  • 256-bit AES暗号技術
  • 拡張性に優れた製品設計(PoE、WiFi)
  • M2M市場での豊富な実績が証明する機能的な信頼性

【市 場】
《xPico™》は、極小チップサイズのため、小さな装置への組込みも可能です。データ処理やデータ通信、例えば医療機器、電力計、自動販売機、セキュリティ関連、FA機器、ロボット、ゲーム機器、工場・ビルオートメーション、計測機器など、広い分野のさまざまな用途に最適です。 しかも、《xPico™》を用いることにより、開発時間の大幅短縮とコストの低減を実現します。

■Wireless M2M展で実際にご覧いただけます
来る5月9日(水)より開催されるESEC併設「Wireless M2M展 2012」 弊社販売代理店・(株)日新システムズのブースにて、今回ご案内しました極小チップサイズの組込み用デバイスサーバー《xPico™》をはじめ、すでに多くの実績を持つXPortやPremirWave EN、WiPort、PremierWave XNなど、あらゆる機器を効率よく安全にネットワーク化するためのトータル・ソリューションをご覧いただけます。

■Wireless M2M展 2012 (ESEC併設)
開催日:5月9日(水)〜11日(金)
会 場:東京ビックサイト 小間番号:西2-17
*株式会社日新システムズのブース内

ラントロニクス社(Lantronix, Inc. / Kurt Busch CEO)
米国カルフォルニア州アーバイン市に本社を持つNASDAQ(LTRX)上場企業。
設立は1989年。長年培ってきたLAN、TCP/IP等のネットワーク技術をベースにしたネットワーク機器を市場に出荷している。
特にIT市場へのコンソールサーバー、KVM、工業製品市場へのデバイスサーバーでは多くの実績を上げ今までに300万台を超える機器を市場に出荷している。
現在米国をはじめ欧州、アジア、日本に現地拠点を持ち世界市場への展開を行っている。
URL>>> http://www.lantronix.com/

日本ラントロニクス株式会社
米国ラントロニクス社の日本法人として2003年2月に設立され、日本市場の開拓を行っている。
東京都港区に事務所を構える。
URL>>> http://www.lantronix.jp/